冬のレシピ部門 <学生の部>

審査委員長特別賞 清水 叶美さん(学校法人常磐大学)

干しいももちのけんちん汁

干しいももちのけんちん汁

材料(4人分)

大根 …1/3本

にんじん …2本

ごぼう …1/2本

長ねぎ …1/2本

しょうが …3~4g

干しいも …100g

切りもち …4個

水 …4カップ(800ml)

みそ …大さじ2

しょう油 …小さじ2

本だし …大さじ1/2

作り方

1

大根、にんじん、ごぼう、長ねぎ、しょうがの皮をむく。
それぞれの皮は出汁をとるのに使うので捨てずにとっておく。

2

大根、にんじんはいちょう切り、長ねぎは斜め切り、ごぼうは小口切りにし、しょうがはすりおろす。

3

野菜の皮を使ってだしをとる。
①水と1でむいた野菜の皮を鍋に入れ、沸騰させる。沸騰したら、中火にして10分煮る。
②火を止めて5分おいて冷ましてから、ざるにキッチンペーパーをしいてだし汁をこす。
ごぼうとしょうがの皮は、他の野菜より味の主張が強いので少なめにする。

4

鍋に3でとっただしと大根、にんじん、ごぼうを入れて中火で煮る。

5

干しいももちを作る。
①電子レンジ(500W)でもちを3分、干しいもを1分温める。
②もちで干しいもを包み、一口大に切る。

6

長ねぎ、すりおろしたしょうがを鍋に入れ、みそ、しょう油、本だしで味を調える。
野菜の皮のだしだけでは味が薄いのでみそ、しょう油、本だしで味を調える。

7

干しいももちを鍋に入れてひと煮たちさせたら完成。
鍋で煮ることでもちがとろとろになり、よりおいしく頂けます。

 

省エネのポイント

  • 野菜の皮を使ってだしをとりました。
  • 体を温める効果のある生姜を使っています。
  • 作者は、干しいもは県産品を使用。

専門家からのコメント

  • 根野菜の皮からだしをとるのと、もちで干しいもを包むアイディアが良いです。
  • けんちん汁は茨城県の郷土料理です。また、茨城県は干しいもの生産量で全国シェアの9割以上を占めており、とても茨城県らしいエコレシピです。

 

入賞レシピ一覧